柏創業塾フォローアップセミナー

千葉県我孫子市の社労士、北澤彩子です。

6月11日、柏商工会議所にて、

柏創業塾のフォローアップセミナーが行われました。

対象は創業塾1期生から6期生まで。

柏創業塾は、柏商工会議所主催で年2回開かれています。

私は今年の1~2月に開催された6期に参加していました。

 

創業塾は、その名の通り創業を考えている人が集まる場です。

1期の先輩は4年前に塾に参加していたわけで、

事業を始めて数年経っていたりします。

この4月に動き出した私でさえ目まぐるしい日々を送っているのですから、

先輩たちはなおさら。

お忙しい日々を過ごしてこられたことでしょう。

 

そんな中で、立ち止まって事業を見直し、方向性を確認・修正するのは、

時に忘れがちな、立ち上げ当初の気持ちを思い出す良い機会なのだと思います。

 

先生たちに久しぶりにお会いし講義が聞けたのはもちろん、

初めてお会いする先輩たちも大勢いて、刺激をいただきました。

事業内容、現在の状況、これからどう進めていくのか、といった話を聞くことができたのは、

社労士としても大変勉強になりました。

 

それにしても、世の中には様々な事業があるものです。

みなさん方向性は様々でも、事業を通して社会を変えたいと思っている。

まずはそこがスタートです。

収益に結び付けるのは困難で、でも、理想のために頑張っている。

そして、それを応援する周囲の仲間がいる。

 

私の事業も応援してくださる方がいる。

ありがたいことです。

みなさんの期待に応えられるよう、頑張ろう!と思った一日でした。

柏商工会議所の新入会員の集い

はじめまして。

千葉県我孫子市の社労士、彩工房 代表の北澤彩子です。

6月6日、柏商工会議所の新入会員の集いに参加してきました。

 

社労士になって変わったこと。

それは、地域で頑張っている方たちが目に入るようになったこと。
そして、みんなの地元愛の強さに気づいたこと。

この日も、喫茶店オーナーの方が、開業して10数年、商工会議所をどのように活用してこられたのかについて、体験談をお話しくださいました。

集客の中心となっていた近所のスーパーが撤退したり、近所に大型のカフェがオープンしたりと、様々な困難に見舞われながらも、商工会議所を活用して、苦手なIT導入も積極的に進めてこられたこと。

また、新製品を開発し、SNSやチラシなどで広報にも力を入れてきたこと。

大型店に負けぬよう、独自のカラーを打ち出して頑張っていらっしゃるのが伝わってきました。

 

そして、そんなお店を応援する地元のお客さんがいる。

みんな、我孫子市民であること、柏市民であることに誇りをもって、地域の活動を楽しんでいる。

 

視野の狭い私、恥ずかしながら、都内で勤務していた頃には見えていませんでした。

今後、社労士として、地域の事業者様のお力になれるよう頑張っていこうという思いを新たにした一日でした。