はじめての助成金手続き

社労士事務所 彩工房 北澤彩子です。

先日、初めてキャリアアップ助成金の手続きを代行しました。

キャリアアップ助成金は、従業員のために教育訓練を行ったり、待遇を見直すなどの要件を満たした場合に事業主に支給される、厚生労働省系の助成金の一つです。

「キャリアアップ計画書」、「訓練計画届」、「訓練開始届」、「支給申請書」と、1年以上にわたって、労働局に書類を提出するタイミングが少なくとも4回はあり、それぞれ提出時期が決まっているため、スケジュール管理が重要になってきます。

今回の提出書類は、人材育成コースと正社員化コースの訓練計画届でした。

小さい字で書かれた要領を隅から隅まで読み、山ほどある添付書類を揃え、不明点は事業主様や労働局等の関係者に確認していきます。訓練開始の1か月前までには提出する必要があるので、不備のないよう、細心の注意を払います。

そして無事、6月中に提出することができました。その後労働局から確認の電話があり、無事受理してくれそうだったので一安心しているところです。

実は今回のケース、事業主さんが経験者で、私よりも詳しかったりして、色々教えてもらいながらのお仕事になりました。勉強させてもらい、本当に感謝です!

次は、訓練開始後1か月以内に提出する訓練開始届です。気を抜かずにいきたいと思います!

 

事業を成長させていくためには、戦力になってくれる優秀な社員が必要ですが、人手不足はどの業種でも直面している深刻な課題ですね。

人材を企業内で育てたいが、コストもノウハウもない・・・
教育せずに行き当たりばったりで雇用し、従業員側と事業主側、双方にとってマイナス・・・

そんな時には、ぜひ、自分たちだけで頑張るのではなく、ご相談いただければと思います。助成金の活用についても、ご興味がおありの方にはご案内していきますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントする