外国人を採用することになったら

 前回は、従業員を募集したら外国人から応募があった場合の注意点について書きました。今回はその続きとして、外国人を採用することになった場合の注意点についてお伝えします。

従業員を採用する場合には、届出が必要です。

労働保険や社会保険の適用要件は、日本人を採用する場合と同じです。労災保険は、どんなに短時間であっても当然に加入となります。雇用保険は、週20時間以上勤務する場合に加入となります。社会保険の適用事業所の場合、通常は週30時間以上勤務で加入となります。

それでは、外国人を採用する場合は何が違うのでしょうか?

外国人を採用する場合には、外国人の雇用状況をハローワークに届け出る必要があります。届け出る書類は、対象者が雇用保険の被保険者になるかどうかで異なります。

雇用保険被保険者になる場合は、被保険者資格取得届の様式内に、国籍や在留資格、在留期間等を記載する箇所があり、その欄を記載することで、外国人の雇用状況を届け出たことになります。

週20時間未満の勤務や昼間学生の場合は雇用保険に加入しません。その場合には、外国人雇用状況届出書という様式を届け出ることになります。

これらの届出は、インターネットでも行うことができます。

他にはどういったことに気を付けるといいでしょうか?

採用にあたっては、労働条件を通知する必要がありますが、日本独特の雇用慣行等を丁寧に説明することが、その後のトラブルを避けるために必要です。
日本語の能力に配慮し、 場合によっては通訳をはさんだり、英語や母国語を併記した労働条件通知書や給与明細などを用意できればいいですね。

また、在留期間には気を付けましょう。更新せずに期間が満了する場合には、雇用関係を終了する必要があります。

国の方針により、今後、外国人就労者が増えていくのは明らかです。 仕事のことはもちろん、生活に関する相談もできる窓口を設けるなど、従業員が安心して働ける環境を整えることで、日本人、外国人の別なくそれぞれが各自の強みを生かした働き方ができて、お互いがよりよい関係を構築していける。そんな社会を目指して、微力ながら私もがんばっていきます!

従業員を募集したら、外国人がきた。こんな場合の注意点

募集をかけたら、外国人が応募してきた。どうしよう・・・。

これ、最近多いお問い合わせです。

少し前であれば、大企業や外資系企業でもない限り、外国人と働くというのは、そうあることではありませんでした。

しかし今、中小企業で働く外国人が増えてきています。

求人に外国人が応募してくることも、それほど珍しいことではなくなっています。

 

そこで。

  • この人、雇用していいの?
  • 採用する場合にはどんな点に注意すればいいの?
  • 必要な手続きは?

これらについて考えてみましょう。

 

1.どんな外国人でも雇用していいのか。

私がこんな記事を書いている時点で、もちろん答えはNOです。

中長期間滞在することを認められた外国人は、在留カードという、運転免許証くらいの大きさのカードを持っています。

まず最初にすることは、相手の在留カードの有無を確認することです。

在留カードを持っていない外国人は、雇用できません。持っていない人が仕事をした場合、不法就労になります。また、雇用した側も、不法就労を助けたとして、罪に問われる可能性があります。

必ず、在留カードを見せてもらいましょう。

在留カードには、氏名、国籍、生年月日などと一緒に、必ず「就労の可否」について書かれています。

まずはこの、就労の可否を確認しましょう。就労の可否は、在留資格によって決まります。

在留資格は、自由に就労できるタイプ、決められた要件でのみ就労できるタイプ、そして就労できないタイプに分かれます。

  • 「就労不可」となっている人は、仕事をすることが認められていません。
    ※ただし、在留資格が「留学生」や「家族滞在」などの方で、資格外活動許可を取得している場合(カードの裏面を確認)は、定められた範囲内での就労が認められます。
  • 「就労制限無し」となっている人は、日本人と同じように、職種や時間の制限無しで働けます(もちろん、労働基準法は守る必要があります)。
  • 「在留資格に基づく就労活動のみ可」となっている人は、その言葉通り。在留資格と関係のない就労活動をした場合は、不法就労です。

次に、「在留期間」を確認しましょう。

在留カードには在留期間の記載があり、更新手続きが必要です。更新をせずに、在留期間が経過して日本に滞在している場合は不法滞在となります。無論、就労できません。

この二つをクリアすれば、第一関門突破!

 

今回はここまで。

次回は、採用するときの注意点について記載します。

では!

ずいぶんと間が空いてしまいましたが…。

みなさまこんにちは。

千葉県我孫子市の社会保険労務士、北澤彩子です。

前回の更新からずいぶんと間が空いてしまいました。

我孫子で開業して1年、ほんとに色々ありました。

様々な方たちとの出会いがあり、お仕事のご依頼も少しずつ増えてきております。

自分が手掛けている仕事でお客様にご迷惑をおかけすることがないかと考えると不安で胃の痛いこともあります。

失敗して、凹んでしばらく立ち直れなかったりということもありました。

それでも、新しい方たちとのつながりができ、勉強させていただいている日々に感謝です。

 

さて、我孫子での2年目は、いろいろと新しい動きがありそうです!

私自身、とってもワクワクしております!

全て、自分一人では到底できないこと。

仲間がいて、お客様がいてはじめてできることです。

これからも、失敗して凹むこともあると思いますが、お仕事をお任せくださるみなさまに感謝して、勉強を続けていけたらと思っております。

そして、こちらの更新もマメにしないとね。。。

どうぞよろしくお願いいたします。

はじめての助成金手続き

社労士事務所 彩工房 北澤彩子です。

先日、初めてキャリアアップ助成金の手続きを代行しました。

キャリアアップ助成金は、従業員のために教育訓練を行ったり、待遇を見直すなどの要件を満たした場合に事業主に支給される、厚生労働省系の助成金の一つです。

「キャリアアップ計画書」、「訓練計画届」、「訓練開始届」、「支給申請書」と、1年以上にわたって、労働局に書類を提出するタイミングが少なくとも4回はあり、それぞれ提出時期が決まっているため、スケジュール管理が重要になってきます。

今回の提出書類は、人材育成コースと正社員化コースの訓練計画届でした。

小さい字で書かれた要領を隅から隅まで読み、山ほどある添付書類を揃え、不明点は事業主様や労働局等の関係者に確認していきます。訓練開始の1か月前までには提出する必要があるので、不備のないよう、細心の注意を払います。

そして無事、6月中に提出することができました。その後労働局から確認の電話があり、無事受理してくれそうだったので一安心しているところです。

実は今回のケース、事業主さんが経験者で、私よりも詳しかったりして、色々教えてもらいながらのお仕事になりました。勉強させてもらい、本当に感謝です!

次は、訓練開始後1か月以内に提出する訓練開始届です。気を抜かずにいきたいと思います!

 

事業を成長させていくためには、戦力になってくれる優秀な社員が必要ですが、人手不足はどの業種でも直面している深刻な課題ですね。

人材を企業内で育てたいが、コストもノウハウもない・・・
教育せずに行き当たりばったりで雇用し、従業員側と事業主側、双方にとってマイナス・・・

そんな時には、ぜひ、自分たちだけで頑張るのではなく、ご相談いただければと思います。助成金の活用についても、ご興味がおありの方にはご案内していきますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

アンガーマネジメントの講師をつとめました

社労士事務所 彩工房 北澤彩子です。

先日、とある企業にお邪魔して、従業員様向けにアンガーマネジメントの入門講座を行いました。

 

アンガーマネジメント、最近テレビや雑誌等で話題ですね。

怒りの感情をうまくコントロールできず、後悔した経験は、誰しもお持ちのことと思います。

アンガーマネジメントでは、感情を暴走させるのではなく、うまくコントロールする方法を学びます。

 

これ、宗教とかしつけではありません。

トレーニングで誰でも実践できるようになるスキルです。

 

私がアンガーマネジメントを学んだのは、この4月です。

それから2か月余り。日々、自身の怒りと向き合うことで、後悔することが減っています。

まだ、ゼロではありません(笑

日々いろいろありますから!

でも、続けることで、問題のある怒りの表現が少なくなっているのはうれしいことです。

 

アンガーマネジメントにご興味おありの方は、ぜひご連絡ください。

アンガーマネジメント×労務管理、

アンガーマネジメント×育児

などなど、受講者に合わせた講座内容にします。

ご要望、お待ちしています。

柏創業塾フォローアップセミナー

千葉県我孫子市の社労士、北澤彩子です。

6月11日、柏商工会議所にて、

柏創業塾のフォローアップセミナーが行われました。

対象は創業塾1期生から6期生まで。

柏創業塾は、柏商工会議所主催で年2回開かれています。

私は今年の1~2月に開催された6期に参加していました。

 

創業塾は、その名の通り創業を考えている人が集まる場です。

1期の先輩は4年前に塾に参加していたわけで、

事業を始めて数年経っていたりします。

この4月に動き出した私でさえ目まぐるしい日々を送っているのですから、

先輩たちはなおさら。

お忙しい日々を過ごしてこられたことでしょう。

 

そんな中で、立ち止まって事業を見直し、方向性を確認・修正するのは、

時に忘れがちな、立ち上げ当初の気持ちを思い出す良い機会なのだと思います。

 

先生たちに久しぶりにお会いし講義が聞けたのはもちろん、

初めてお会いする先輩たちも大勢いて、刺激をいただきました。

事業内容、現在の状況、これからどう進めていくのか、といった話を聞くことができたのは、

社労士としても大変勉強になりました。

 

それにしても、世の中には様々な事業があるものです。

みなさん方向性は様々でも、事業を通して社会を変えたいと思っている。

まずはそこがスタートです。

収益に結び付けるのは困難で、でも、理想のために頑張っている。

そして、それを応援する周囲の仲間がいる。

 

私の事業も応援してくださる方がいる。

ありがたいことです。

みなさんの期待に応えられるよう、頑張ろう!と思った一日でした。

柏商工会議所の新入会員の集い

はじめまして。

千葉県我孫子市の社労士、彩工房 代表の北澤彩子です。

6月6日、柏商工会議所の新入会員の集いに参加してきました。

 

社労士になって変わったこと。

それは、地域で頑張っている方たちが目に入るようになったこと。
そして、みんなの地元愛の強さに気づいたこと。

この日も、喫茶店オーナーの方が、開業して10数年、商工会議所をどのように活用してこられたのかについて、体験談をお話しくださいました。

集客の中心となっていた近所のスーパーが撤退したり、近所に大型のカフェがオープンしたりと、様々な困難に見舞われながらも、商工会議所を活用して、苦手なIT導入も積極的に進めてこられたこと。

また、新製品を開発し、SNSやチラシなどで広報にも力を入れてきたこと。

大型店に負けぬよう、独自のカラーを打ち出して頑張っていらっしゃるのが伝わってきました。

 

そして、そんなお店を応援する地元のお客さんがいる。

みんな、我孫子市民であること、柏市民であることに誇りをもって、地域の活動を楽しんでいる。

 

視野の狭い私、恥ずかしながら、都内で勤務していた頃には見えていませんでした。

今後、社労士として、地域の事業者様のお力になれるよう頑張っていこうという思いを新たにした一日でした。